黄梅が咲いて 

 


三月、寒い日もありますが、季節は確実にすすんでいます。植物はちゃんと覚えていて、春の花を咲かせ始めました。眩い黄色の黄梅(迎春花)が満開です。また、うちの近くでも河津桜が七分咲きとなりました。

_DSF6787-001.jpg 

_DSF2596.jpg 

_DSF2584.jpg  




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

丹波篠山にて 

 


先日、丹波篠山に。丹波と聞けば、何を思い浮かべられますか?お正月の丹波の黒豆、あの大きな丹波の栗、猪の肉、ぼたん鍋、小豆(大納言)、丹波焼(立杭焼)などなど。二月終わりでもあり、観光客は少なかったです。栗の季節ともなると、ワンサカ、来られるそうです。武家屋敷群と商家群、それぞれの伝統的建造物保存群があります。篠山城址も美しく、とてもステキな城下町でした。

_DSF6619.jpg


_DSF6623.jpg 

_DSF6610.jpg 

猪の肉を売っています。ぼたん鍋のお店もたくさんあります。

_DSF6700.jpg
篠山城址

_DSF6694.jpg 

_DSF6652.jpg
_DSF6646.jpg
_DSF6645.jpg 

_DSF6712.jpg 
まけきらい稲荷

訪ねた時期が二月だったもので、田園が土色でした。緑の田園になる季節にまた行きたいね、と妹と話しておりました。のどかでこころ安らぐ篠山です。今度は丹波焼の窯元巡りをしようと思います。


category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

弓弦羽神社  がんばれ羽生君&オリンピック日本代表選手たち! 

 



男子フィギュアのショートプログラム、羽生結弦君の演技、ほんと異次元でしたね!宇野君たちもよかったし。それで、結弦君も参拝している弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)をちょっとアップすることに。この神社は神戸の家の近くにあります。かなり前の写真で、写りもイマイチなので、これまでブログには載せなかったのですが、霊験あらたかとのことで、明日のフリーの必勝を願って!!

DSC_3891.jpg

DSC_3884.jpg 

灘五郷が近く、多くの酒造メーカーさんたちが氏子です。菊正宗、白鶴、福寿といった。実はうちの両親、大昔、この神社で結婚式を挙げました(笑)いま、絵馬は結弦君の勝利を願うものでいっぱいになっているそうです。写真を撮った当時は、ファンの絵馬はほとんどなく、しかし、すでに結弦君は参拝していたそうなので、下の写真の絵馬の中に彼のがあるのかもしれません。がんばれ!羽生君たち!

DSC_3883.jpg





category: 神社

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

三寒四温 

 


三寒四温といいますが、ちょっと暖かくなったと思ったら、翌日は冴え返ったりと、春にはまだまだ時間がかかりそうですね。長引いた風邪のせいでほとんど写真、撮れていません。冬木立、かっこいいのを撮りたかったのですが.......芽吹く前に枝ぶりのいいのを探して再挑戦したいです。梅も名所に行けず。近所のみんなに無視されている可哀想な例の梅です(笑)

_DSF6418.jpg 

_DSF6468.jpg
_DSF6469.jpg




category: 冬景色

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

バレンタイン色の街 

 



ご無沙汰しておりました。年末に体調を崩して以降、本調子ではなく、風邪がぶり返したりとか、大変でした。「年のせい?」 たぶん(笑) で、なかなか更新できませんでした。立春を過ぎたというのに、寒いですね。大雪の報道に心が痛みます。雪国の皆さま、くれぐれもご自愛くださいませ。

先日風邪がましになったようなので、久しぶりにお知り合いの写真展を見がてら銀座へ。街はバレンタイン一色でした!義理チョコについて、ゴディバさまがなにやらおっしゃったとか。よくわかりませんが、チョコはともかく、バレンタイン色に染まる街はやはり楽しいです。


_DSF6480.jpg

_DSF6486.jpg


小林千裕作品展「Yangon」は、ミャンマーのヤンゴンの街が、センスあふれる切り口と色使いで表現されています。超美人の写真家さん。この情緒ゆたかな表現は、一つは、チーク色を基調としているからではないでしょうか?ミャンマーの特産品のチーク材の色。展示方法もふくめ、とても魅力的で新鮮でした。2月15日(木)まで。銀座プレイス6F ソニーイメージングギャラリーで。

_DSF6493-002.jpg







category: 街角の風景

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

水仙の咲く頃 

 



小春日和に水仙が咲き乱れています。梅がほころんでいましたよ。明日は雪が降るとの予報ですが、こうした冬の暖かな晴れた日、猫もハトたちも日だまりでお日様を満喫していました。

_DSF6298.jpg


_DSF6351.jpg

_DSF6310.jpg
_DSF6324.jpg

_DSF6314.jpg

_DSF6275.jpg

_DSF6338.jpg





category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

そして神戸 1月17日 

 



港の波止場近くで最近見つけたカフェ・バーです。古いふるいビルの一階。早いものです。あの震災の1月17日から23年が経ちました。2018年はどの地域も平穏な一年でありますように!

DSC_0002.jpg


_DSF2122.jpg

神戸港震災メモリアルパーク

所属している写真サークルでは5月に写真展をやるのですが、自由作品3点に加え、課題作品1点を出展します。今年の課題は、「歌/曲を写真で表す」というもの。この企画は楽しいもので、見に来てくださった方々にも好評だったときいていますが(私は初めてです)、さて、どの歌か曲にしようか?と悩ましいです。すでに写真をたくさん撮っていて新たに撮る必要がなく、手っ取り早いところでは「そして神戸」にすればいいのだけど........でもね、「そして神戸」って、まあ悪い歌じゃないけれど、古めかしいし、さらに、前川清さんのあの顔、あの髪型がド・ド~~と脳裏に浮かびます。う~~ん、やっぱ何か他のを考えなくては(笑)

category: 神戸

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

りんご飴な日 

 


_DSF6096.jpg


初詣の露店のりんご飴。買いたいな?どうしようか?なんていつも思います。幾つになった?と考えれば被写体にとどめておこう、ということになり。それはそうとりんご飴って、冬の季語?秋の季語?よくわかりませ~~~ん。心がうきうきする赤いりんご飴です。綿菓子も同じ。私はこんなふうに袋に入っているのではなく、クルクル割りばしに巻きあがった作りたてのがいいんだけど。

_DSF6079.jpg

_DSF6156.jpg




category: 街角の風景

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

南房総で 

 


_DSC8167.jpg

連休に房総の館山に行ってきました。干潮で、岩の造形が面白かったです。ムムム、岩に緑の藻がいっぱいついています。なんの藻なのかしら?なんか草原みたいになっているところさえある。海鳥が岩にたくさんいましたよ。右上の島影は伊豆七島の大島です。

_DSC8089.jpg

海水は透明度が抜群で底までよく見えます。海岸にはアロエの花がすでに盛りをすぎていましたが、満開です。遠くに富士山がそびえていました(下の写真)。

_DSC8017.jpg 
_DSC8286.jpg 
_DSC8158.jpg







category: 海・山・川・湖

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

Happy New Year! 戌年となりました! 

 



新年おめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
今年も恒例の博物館への初もうで。雅なワンちゃんたちが集合していましたよ!
洋犬もいましたが、日本古来のワンちゃんが多く集っていました。円山応挙さんが描いたのが目玉だったみたい。お神酒のふるまいは今年はなかったですが(残念)、獅子舞や和太鼓などもあり、楽しかったです。

_DSF6119-001.jpg
朝顔狗子図杉戸 円山応挙 江戸時代 1784


_DSF6111.jpg 
狗子図 円山応瑞 江戸時代 18世紀

_DSF6108.jpg

 _DSF6130.jpg
東京国立博物館にて

category: 美術館・博物館

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

行く年 

 



早いものです。もう12月もあと10日となりました。先日帰省した折の写真です。三脚をもっていかなかったので、ブレ気味ですが。港には背の高いクリスマスツリーが新たに設置されていました。今年は色々な面であたふたしていました。来年はゆっくり、じっくり、やってゆきたいと思ます。

ふつうは12月となれば、第九を歌うらしいですね。そうした高尚なものとは縁がなく、カラオケでボン・ジョヴィを熱唱して、一年のストレスを吹き飛ばしました。娘いわく、ボン・ジョヴィはダサいんだとか(笑) そんなことはないと思うけど....

本年、拙ブログを見てくださった皆様、本当にありがとうございました。ふかく御礼申し上げます。どうぞよいお年をお迎えくださいませ。来年もよろしくお願い申し上げます。


_DSF6042.jpg

_DSF6058.jpg

_DSF6038.jpg

_DSF6056.jpg

_DSF6071.jpg

_DSF6066.jpg

_DSF6069.jpg



category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

散るもみじ 

 



モミジがなにやら蕗に似た(フキでしょうか?)葉の上に散っていました。この葉っぱ、フキなのかしら?葉が薄いから、ツワブキでないことは確かです。もしご存知の方がいらしたらお教えください。
_DSF5896.jpg

今年は時間がなく、とうとう、紅葉をまともに撮れませんでした。残っていたモミジです。

_DSF5870.jpg


_DSF5877.jpg

_DSF5911.jpg



category: 紅葉

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

孤高 

 



ぼくらの口は
いつも封印しなければならない
Our lips must always be sealed 
 Resistance (MUSE)より

PC170658-002.jpg

最近、例の報道で、「孤高」という言葉をよく聞きます。それから「指導」という言葉も。「指導」って、あるべき道を指し示し、より良い方向へ導くこと、だと理解していましたが.....あれって「指導」なの? おかしなことになっています。

「孤高」の人は口を閉ざしているとか。何が事実なのかわからない、今回の報道に接するにつけ、イギリスのロックバンド、MUSEの「レジスタンス:Resistance」の歌詞を思い出します。MUSEの歌は、なんだかその「孤高」の人をすこし彷彿させるような......

よかったら聞いてください(歌詞つき)








category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

ネコのおしくらまんじゅう 

 



_DSC7615-001-1.jpg


寒くなったからでしょう、最近猫たち寄り集まっているのをよく見かけます。うちのモンモンもお出かけをすぐに切り上げて、帰宅。野良にとってはこれからきびしい季節になりますね。がんばれ!









category:

thread: 猫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

枯葉の季節 

 



十一月にどこかへモミジを撮りに行きたかったのですが、あっという間に師走。行けるかどうかわかりません。で、仕方がないから、近くの公園の桜紅葉(さくらもみじ)を撮っておりました。この公園は今、落葉がいっぱい。そのうち清掃局がやって来て、掃除してしまうので、その前に。桜は春も秋もきれいだから、楽しめますね。それにしても紅葉狩り、行きたいです!

_DSF5811-001.jpg
_DSF5820.jpg

_DSF5808.jpg


_DSF5796-003.jpg 



やはりこの季節はこの歌がないと。毎年クラプトンで芸がないですが。クラプトンのジャージーな「枯葉」が大好きなんです。よかったら聞いてください。






category: 木の実など植物

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top