猫の寝言 

 


DSC_0172-001-1.jpg


うんぎゅ~~~~、ワンギャ、zzzzzzz~~~~うんぎゅ~~~ZZZZ~~~~ワンギャシュルシュ~~~zzzz
上の不可解な言語、うちのモンモンの寝言です。猫にしてはかなりの音響です。
モンモン、昼寝中。モンモンはたいへんなおしゃべり猫です。この子で猫は三代目なのですが、先代、先々代に比べてもダントツのおしゃべりぶり。

ホンギャ、ワンギャ、フンギャ、ワンギャ、ワオワオと人間の赤ちゃん?、はたまた、犬の鳴き声?みたいな感じでしょっちゅう鳴いて?います。鳴くというより、何か話しているみたいです。ホンギャ、ハンギャ、ワオワオワオと話しかけてくれます。

それぞれの猫には独特の話し方があるように思います。初代ミーちゃんは、よく「へ、へ、へ、へ、」と鳴いていました。変わった鳴き方だと思っていましたが、私たちの耳にはそう、聞こえました。この「へ、へ、へ」で人間さまに命令していたのです。たとえば、「外に出たいから、ドアを開けろ」というときは、ドアの前で「へ、へ、へ」と鳴いたものです。

一方、先代のナオたんは、エーオン、エーオンとよく鳴いていました。この鳴き方も人間に何かして欲しいときです。なので、あだ名が「エーオンさん」でした。

モンモン、今日もおしゃべりしています。親バカだから、私はその相手をしています(笑)




関連記事
スポンサーサイト

category:

thread: 猫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top