「間」とは? キャノンギャラリー銀座 Masatoshi Okamoto写真展 

 



現在キャノンギャラリー銀座で開催中の Masatoshi Okamoto 氏の写真展、「Spaces for Moment and Distance」。今日見に行ってきました。超お勧めです。すばらしいです!
DSC_0173.jpg
キャノン銀座は8月31日~9月6日  名古屋:9月21日~27日、 大阪:10月12日~18日




キャノンの公式サイトでは次のように、紹介されています。

「映画的な要素をテーマにスナップ撮影を続けるMASATOSHI OKAMOTO氏。映画のフレームサイズ2.35×1で世界を切り撮り、「時間」「距離」「空間」を包括する「間」という日本的な概念を表現する中で、スナップ写真の新たな可能性を模索しています。日常と非日常という、相反する世界の境界を曖昧にし、その「間」に焦点を当てた作品」

写真を撮るさいに、「間」を表現することがとても大切だとはわかってはいるけど、なかなかうまくできない私。Okamoto氏の作品、とても勉強になりました。ステキでした。この写真展は、銀座のあと、名古屋、大阪へと巡回します。

「間」については、最近、とても面白い本を読みました。安田登氏のあわいの力ー心の時代の次を生きる」。「あわい」とは本書によれば、「媒介、あいだ。自己と他者、異界と現実界。時間と空間....................ふたつのものが出会う界隈。能楽におけるワキは、両者をつなぐ象徴的な存在。人は身体という「あわい」を通して外の世界とつながる」 この本、写真を考えるうえでもとても重要なヒントに満ちています。

最近、スランプ気味。ぜんぜん撮れない私。栄養補給ぐらいしなくては、と写真展に行ったのでした。



スポンサーサイト

category: 写真展

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

「あえのこと」 奥能登の神事 

 



下のご馳走、何だと思われますか? 奥能登の農家に伝わる「あえのこと」と呼ばれる農耕儀礼のさいのご馳走。「田の神様」に一年の収穫を感謝して、召し上がっていただくために用意されたもの。写真の中のご馳走はみんな本物です。レプリカではありません。

_DSC7262.jpg

_DSC7276.jpg


_DSC7280.jpg 

_DSC7270.jpg
_DSC7261.jpg


_DSC7259.jpg







category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

浜木綿の花 

 


浜木綿や流人の墓の小ささよ
篠原鳳作

房総の岬で浜木綿の群落を見つけました。浜木綿って、なんかヒガンバナに似ていると思ったら、やはりヒバンバナ科なんですね。別名はハマオモト。でも「ハマユウ」のほうが何となくいい響き。海につづく道に咲いていました。

_DSC6799.jpg


_DSC6784.jpg


_DSC6789.jpg



 


category:

tb: --   cm: --

△top

残暑お見舞い申し上げます 

 


残暑お見舞い申し上げます。
最近ちょっと涼しいですが、
また暑さがぶり返しそうな予報です。
皆さまご自愛くださいませ。


_DSF4761.jpg

お盆はいかがお過ごしでしたか?私はお墓参りやらお盆の法要とか、けっこうあわただしく過ごしておりました。この夏、妹が紹介してくれた本を幾冊か読みました。

その中の「トッカンー特別国税徴収官」。面白かったです。軽めの小説でTVドラマ化されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?舞台は東京の税務署ですが、主人公の実家が私の関西の家とほぼ同じ地域にあるので、興味深かかったです。初めて国税局の特別徴収の事を知りました。
脱税の疑いのあるところに査察に入るマルサの事は映画でちょっと知っていましたが、この本は徴収事務にスポットを当てています。捜索や差し押さえなど、ものすごい強制権があるんですね!知らなかった!一生、トッカンさんとは無縁でいたいものです(笑)

_DSF4780.jpg






category: 街角の風景

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

猫の寝言 

 


DSC_0172-001-1.jpg


うんぎゅ~~~~、ワンギャ、zzzzzzz~~~~うんぎゅ~~~ZZZZ~~~~ワンギャシュルシュ~~~zzzz
上の不可解な言語、うちのモンモンの寝言です。猫にしてはかなりの音響です。
モンモン、昼寝中。モンモンはたいへんなおしゃべり猫です。この子で猫は三代目なのですが、先代、先々代に比べてもダントツのおしゃべりぶり。

ホンギャ、ワンギャ、フンギャ、ワンギャ、ワオワオと人間の赤ちゃん?、はたまた、犬の鳴き声?みたいな感じでしょっちゅう鳴いて?います。鳴くというより、何か話しているみたいです。ホンギャ、ハンギャ、ワオワオワオと話しかけてくれます。

それぞれの猫には独特の話し方があるように思います。初代ミーちゃんは、よく「へ、へ、へ、へ、」と鳴いていました。変わった鳴き方だと思っていましたが、私たちの耳にはそう、聞こえました。この「へ、へ、へ」で人間さまに命令していたのです。たとえば、「外に出たいから、ドアを開けろ」というときは、ドアの前で「へ、へ、へ」と鳴いたものです。

一方、先代のナオたんは、エーオン、エーオンとよく鳴いていました。この鳴き方も人間に何かして欲しいときです。なので、あだ名が「エーオンさん」でした。

モンモン、今日もおしゃべりしています。親バカだから、私はその相手をしています(笑)




category:

thread: 猫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

諏訪の原点 

 



本当はね、このお宮に諏訪の神様(諏訪大明神)はいらっしゃるんだよ」と、ある地元の方が言いました。遡れないほどの古代に始まった諏訪の祭祀。諏訪大社は四つの社で構成されています。ここはその前宮。諏訪大社の原点であり、最初の祭祀が執り行われた地。

諏訪大社下社の春宮近くにある万治の石仏。いつ見てもステキです。



category: 神社

thread: 風景写真 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top