猫のいる坂道 

 


このブログを読んでくださっている方々は、よく猫の写真を撮っていらして、すごく可愛いし、楽しい。それで、私も猫ちゃんを撮ってみようと、ルミナリエに行く前に、わりとたくさんの猫がいるとのことで、北野のこの細長い坂道へ。 いました! 

DSCF6502.jpg

この奥の家(旧エリオン邸:オランダ人貿易商)は廃墟。もう二匹見かけました。たぶん今は、猫の遊び場なんでしょう。

DSCF6507.jpg 
DSCF6441.jpg


DSCF6426.jpg

夕暮れに、冬の紫陽花。 
枯れ紫陽花は冬の季語じゃないけれど、風情がありますね。

この一年、拙ブログを読んでくださいまして、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。来年もよろしくお願い申し上げます。なお次回更新は、新年となります。
みなさま、よいお年をお迎えくださいませ
。 

コメント欄は閉じております。





スポンサーサイト

category:

thread: 猫の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

滝の白玉 -布引の滝 

 


こき散らす 滝の白玉 拾ひおきて 世の憂き時の涙にぞかる
在原行平(古今集)

DSCF6514.jpg 


新幹線の新神戸駅のすぐ裏にある、布引の滝。乗車まで少し時間があったので、トコトコと紅葉が見られるかも? と裏山を登ってゆきました。布引の滝は、華厳の滝、那智の滝とともに、日本三大神滝の一つ。古今、新古今など多くの歌に詠まれています。

布引の滝は、計4つの滝の総称。本当は、いちばん高い所にあり最大の「雄滝(おんたき)」まで行きたかったのですが、時間が足らず、いちばん駅に近い「雌滝(めんたき)」ふきんだけになりました。雌滝までだと15分もかかりません。次回は、ちゃんと雄滝まで登ろうと思います。

DSCF6518.jpg  
雌滝

このあたりは市民にとっておなじみのハイキングコース。中学生の頃、学校の耐寒登山でよく冬に登らされたところ。六甲はこのほかにも、大小の滝があり、厳寒の頃、氷結します。氷瀑は、じつに美しいです。今回、紅葉もチョイっと見ることができました。

面白いことは、現代と同様、一千年前の平安時代においても、布引の滝は人気のハイキングコース(?)だったことです。平安朝の名高いプレイボーイ、在原業平ご一行さまがこのあたりを散策して歌を詠んでいます。お兄ちゃんの行平さんも、不遇時代、よくやってきたようです。その他にも多くの都の貴族たちが、この滝のことを歌に詠んでいます。といっても、歌を詠んだ全員が、ここまで実際にやってきたわけでもないでしょう。伝聞や絵を見て詠んだ貴族たちもいたことでしょうから。
 

category: 神戸

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 8

△top

神戸ルミナリエ2015 

 


先日、久しぶりにルミナリエに行ってきました。20年前、阪神大震災の1995年以降、犠牲になった方への鎮魂と復興への祈りをこめて12月に開かれるようになった光の祭典。今年は強風で一部の作品が倒壊したり、JRが止まった日があったりして、大変でしたが、やはりルミナリエはステキでした! 

会場のゲートに到着するのに、元町駅からふつうなら6分ぐらいの距離を、遠回りに1時間半はぐるぐる歩かされたでしょうか。 でもクリスマスのイルミネーションに彩られた街を、家族そろっておしゃべりをしながら、大勢の人たちとワイワイ歩くのもまたいいものです。やっとゲートに着くと、今年の作品、「ガレリアコペルコ」がそびえていました!巨大! ルミナリエは毎年作品がいろいろ変り、関西の冬の鉄板のデートコースだとか。今年からLEDにほとんどがなったそうです。

今年は会期を短縮したので、325万人超の来場者だったそうです。私は土曜日に行ったので混んでいました。平日に行ったほうがいいですね。

ドジなことに、カメラの電池切れで、スマホでちゃちゃっと撮った写真で、ごく一部ですが。

DSC_0058.jpg


DSC_0061.jpg



DSC_0063.jpg


DSC_0062.jpg 
動画がyoutubeにありました。写真があまり撮れていないので、
興味のある方はyoutubeをご覧ください。




category: 神戸

thread: 季節の風景 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

窓のむこう側 

 


街をゆき  子供の傍を 通る時 蜜柑の香せり 冬がまた来る
木下利玄

_DSC3070.jpg








category: 木の実など植物

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

皇居秋季乾通り一般公開 

 



今朝、思い立って、皇居乾通り一般公開に行ってきました。春の桜、秋の紅葉時に、昨年から乾通りが公開されています。今日で二日目。それは、ものすごい警備でしたよ!警視庁、人がいなくなったんじゃないかしら?パリの事件があったから、仕方がないですね。

乾通り、とてもきれいでした!モミジ、カエデにはいろいろな種類があるんですね。私たちの場合、45分ほど待って、すべての検査が済み、坂下門から中に入ることができました。待ち時間一時間半ぐらいは覚悟していました。 TDL や USJ(ハリー・ポッターは待ち時間、2時間はふつうと聞いています) に比べると、ぜんぜん疲れない時間です。

DSCF6368.jpg


DSCF6390.jpg
 
DSCF6392-001.jpg


DSCF6386.jpg


DSCF6366-001_20151206202918d73.jpg 
宮殿のすぐ横を通ってゆくのですから、すごい警備なのかも。


DSCF6395.jpg 


DSCF6371-001.jpg
 

DSCF6402.jpg 

おまけ

DSCF6360.jpg 
警備にあたる凛々しい女性騎馬警官






category: 紅葉

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top