スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

八重桜 -普賢象が咲いて 

 


給料の 上がりし春は 八重桜
安倍晋三

と先日、安倍首相は新宿御苑で開催された「桜を見る会」で一句、詠まれたそうですが、う~~ん、詠まれるなら、”消費税上がりし春は”、ですよね。そしてうちの洗濯機、三月中は機嫌よく動いていたのに、四月になったとたん、調子が悪いのです。あ~あ、三月中に買い替えれば良かった、と悔やんでいます。


DSC_5867.jpg
 

DSC_5878.jpg 


DSC_5635-001.jpg 

八重桜にはいろいろな品種があるようですね。上のは三枚とも、フゲンゾウ(普賢象)と呼ばれる八重桜。すぐの公園で咲いています。花の中央から、普賢菩薩が乗る象の鼻のように長く雌しべが二つ伸びていることから、そう呼ばれているそうです。

下のよりピンクが濃いのは普賢象ではありません。品種名がよくわかりません。ご存知の方、教えてくださいな。

DSC_5774.jpg 


DSC_5765.jpg 

陽だまりにはハトが一羽。


きれいに咲いていた乙女椿も桜の花びらの中に一つまたひとつ、落花し

P4110312.jpg 


なかなか暮れそうにないこの季節、夕光のなかでシャガの花の群れ咲いていました。

P4110331.jpg 

上5枚、Nikon  下2枚はOlympus



いつも読んでくださってありがとうございます。次回更新は5月になります。


スポンサーサイト

category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

花の吉野へ  

 


みよし野の 山の山守 こととはん 今いくかありて 花や咲きなん
後醍醐天皇

先日、関西に用事で行ったおり、奈良県、吉野山に行く機会がありました。吉野は千年以上前から、日本一の桜の名所。日本が誇る桜、ソメイヨシノは、この吉野の名を、この桜が生まれた染井村(江戸)の名とともに冠しています。

かの地は、西行が愛した地。多くの和歌がここで詠まれました。そして吉野には、14世紀、後醍醐天皇により、南朝の皇居が置かれました。また修験道の祖とされる役行者(えんのぎょうじゃ)のゆかりの地。桜が美しいだけでなく、多くの歴史に彩られた吉野。吉野へ誘ってくれた妹に感謝です。

DSC_5025.jpg 
吉野は、下千本、中千本、上千本、奥千本と、その標高に応じて次々と開花します。私たちが行ったときは、下千本は満開。中千本は満開間近。上千本はちらほら、奥千本は蕾でした。

吉野には山桜であるシロヤマザクラが主に咲いています。西行が詠んだのは、江戸期後半に開発されたソメイヨシノではなく、この山桜なんですね。 ↓

吉野山 去年の枝折の 道変えて まだ見ぬ方の 花を尋ねん (西行) 

DSC_5032.jpg 
DSC_5093.jpg 
この吉水神社に南朝の皇居がおかれました。後醍醐天皇は、鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始したものの、足利尊氏は離反し、いろいろあったのち、京都では尊氏が推す光明天皇が即位。1336年、後醍醐天皇はこの吉野に転居しました。皇室は南北に分裂。以降、1392年に合一されるまで、南朝の四帝がこの神社を御所としてつかわれました。

ほんとうにここ、山深いところです。きっと後醍醐天皇、寂しかったでしょうね。

DSC_5168.jpg 

北闕門(ほくけつもん)に後醍醐天皇は朝夕立ち、京都の方の空を仰ぎながら、九字を切られたそうです。今その場所はパワースポットにもなっています。↓

DSC_5113-001.jpg 

DSC_5121-001.jpg 

DSC_5117.jpg 
驚くほど質素な建物です。京都御所とは雲泥の差。

DSC_5133.jpg 
玉座の間

DSC_5140.jpg 
若き日の後醍醐天皇の肖像画が残されています。

DSC_5152.jpg 
役行者(役小角)の像もありました。修験道の開祖とされる日本の初代魔法使い的存在。
役小角は鬼神を使役したそうですよ。近くの金峯山寺は役小角の開基と伝えられています。

そしてあの豊臣秀吉がこの神社でお花見の宴をしました。さすがリッチな秀吉。その折、傷んでいた神社を大改修して現在に至っているそうです。

また、この吉水神社で源義経は愛する人、静御前と数日過ごした後、別れを告げたそうです。兄、頼朝の追討の手を逃れて義経が落ちてゆこうとする大峰山は女人禁制(現在もそうなんですよ!びっくり)。静御前、16歳だったんですって。

吉野山 峰の白雪 踏み分けて 入りにし人の 跡ぞ恋しき (切な~~い)
静御前
 
DSC_5175.jpg 
金峯山寺をのぞむ。 お寺では、日本最大とされる秘仏が公開されていました!クリックすると蔵王権現へ。←本当にすごいですよ! 真っ青に!

吉野は国立公園で、しかもユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部です。なので、ハイカーや観光客の方がたくさんいました。ただ吉野はとても広いので、上野のような混雑ではありません。

DSC_5028.jpg 

面白いお店がいっぱいありました。

DSC_5177.jpg 

DSC_5047.jpg 

DSC_5034.jpg 
吉野には桜をテーマにした食べ物がたくさんあります。

桜味のソフトクリーム。これ桜餅の風味がしておいしかったです。

DSC_5191.jpg 

DSC_5074-001_20140415173257e2a.jpg 
椿も満開。

DSC_5236.jpg 

今回、桜が開花していなかったこともあって、上千本、奥千本へは足をはこびませんでした。なので、吉野をちょっぴり歩いただけです。西行庵のある奥千本のほうへいつか登山できれば、と妹と話していました。

五年ぶりに奈良県に行きました。吉野へ行く途中、おだやかな田園風景が広がり、そのなかに白壁の家が点々とつらなっていました。「大和は国のまほろば」ですね!


camera:Nikon



category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 2

△top

神戸・旧ハンター邸にて -その花吹雪の頃 

 


ずっと旧ハンター邸を、桜の頃撮りたいと思っていました。桜の盛りではなく、散る頃に。久しく主のいない邸宅には、桜が咲き誇る頃より、散る頃のほうが似合うのではないか?と思ったからです。ほんとうなら夕暮れ時に撮りたかったのですが、予定もあり、お昼時になってしまいましたが....

.DSC_5262.jpg

  
DSC_5287.jpg



DSC_5346-001.jpg 

旧ハンター邸は、もと神戸の北野町にありましたが、1963年、現在の王子動物園の敷地内に移築され、保存されています。国の重要文化財。明治22年頃に創建され、明治40年に英国人の実業家、E.H.ハンター氏が改造して現在みる建造物に仕上げたもの。 
背景となる六甲の山並みに合うように、意匠、色が決められたそうです。

で、これがハンターさんと奥様。

DSC_5275.jpg 

昔、家族みんなでハンター邸の前で写真を撮ったことがあります。ええ?その頃はとても可愛かったですよ(笑)


DSC_5338-001_201404112028480f5.jpg 


DSC_5280.jpg 


DSC_5335.jpg


DSC_5306_201404112022434f2.jpg 


DSC_5253_2014041120332779c.jpg 



DSC_5311.jpg 


DSC_5377.jpg 



DSC_5397.jpg 


DSC_5301_20140411203106765.jpg 


久しぶりの王子動物園では、パンダが日なたぼっこしながら、のんびり笹の葉を食べていました。

DSC_5241.jpg 


camera:Nikon




category: 神戸

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

△top

さくら、サクラ、桜  -桜の季節に 

 


桜ばな いのちいっぱいに 咲くからに 命をかけて わが眺めたり
                       岡本かの子

私のいちばん好きな季節、それは桜が咲くころ。街は華やぎ、こころも華やぎます。今年出逢った桜です。河津桜にはじまり、ソメイヨシノ、大島桜、しだれ桜.......桜がこんなに美しく咲く国に生まれて幸せだと思います。

DSC_4487.jpg 



DSC_4611.jpg



DSC_3845.jpg 


DSC_4507.jpg 


DSC_4646.jpg 



DSC_4514.jpg 



DSC_4120.jpg 


DSC_4962.jpg 



DSC_3965.jpg



DSC_4614.jpg 


DSC_5004.jpg 



DSC_4890.jpg 


camera;Nikon



category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。