白梅紅梅 

 


大空は 梅のにほひに かすみつつ 曇りもはてぬ 春の夜の月
藤原定家


DSC_2915.jpg

DSC_2887.jpg 




DSC_3562.jpg  


DSC_2830.jpg



DSC_2745-001.jpg

DSC_3096.jpg  


camera:Nikon

スポンサーサイト

category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

神戸市立博物館 ターナー展 -神戸海岸通り界隈 

 


先日、ターナー展を見に行きました。この展覧会は昨年、上野でやっていましたが、ぐずぐずしているうちに、終わってしまったので、用事で神戸に帰ったおり、神戸市立博物館に見に行きました。ターナーが大好きです。ターナー展、とてもよかったです!  



P2170025-002.jpg




P7141659.jpg 


博物館の建物は、桜井小太郎の設計、1935(昭和10)年竣工の、旧横浜正金銀行(現 三菱東京UFJ銀行) 神戸支店ビルを転用したもの。正面にドリス様式の円柱が建ち並んでいます。 以前、横浜にある、神奈川県立歴史博物館の記事を書いたことがあります。横浜にある歴史博物館は、この旧横浜正金銀行のそれは立派な本店本館を博物館にしています。 神戸支店のほうは、すこし小ぶりです。

横浜正金といえば、日本史の教科書にも出てくる明治13年開業の、日本初の外為銀行。日本が近代化してゆくなかで、国際取引や貿易を支えた銀行です。そうした銀行の建物が、今なお、横浜・神戸とも、博物館として現役で機能しているのは嬉しいですね。
昔の建築は、重厚でステキです。ちゃらちゃらしていない!そしてこの界隈には、近代建築の先駆けとなった多くの古い建物が、阪神大震災を乗り越えて保存され、現役で使用されています。





P2170032.jpg 

たとえば、上のチャータード・ビル。 ロンドンに本拠を置く、チャータード銀行の旧神戸支店。 以前は銀行の他にイギリス領事館も入居していました。現在は、レストラン、結婚式場などが入っています。


P2170047.jpg 
暖炉は昔のまま


P2170045.jpg 
金庫室の扉は昔のまま

P2170053.jpg  
トイレのタイルは昔のまま

P2170060.jpg 
たて筋のはいったすりガラス。 昔のまま。 


P2170058.jpg 
披露宴会場に転用されているスペースも


P2170082.jpg



P2170165.jpg 


海岸通りからメリケンパーク方面を望む ↓

P2170173.jpg  


camera:Olympus



もしターナーがお好きでしたら、下のyoutube をご覧ください。





category: 神戸

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

雪降るバレンタイン 

 



バレンタイン 君に会えない一日を 斎(いつき)の宮のごとく過ごせり

 俵万智 (サラダ記念日より)


DSC_2520.jpg


今日はバレンタイン。雪が降っています。男子の方々には、チョコが降るように、とお祈りいたします。バレンタイン・マーケットなるものがあちこちに出現していて、国産、海外のチョコメーカーがチョコを盛大に売っていますね。チョコのメーカーにとっては、決戦の時。今年は、景気の回復を反映してか、なんかベルギー産やフランス産の高級チョコが目立つように思われます。私みたいな庶民にとってありがたいのは、高級チョコメーカーも小さなパッケージを用意しているので、チョコっと味合うことができる点です。


DSC_2523.jpg 

冒頭の俵万智さんの歌、ほろ苦いですね。斎宮かぁ~~~、と昔、しんみり思ったものでした。この歌が収録されている、
サラダ記念日」はすぐれた歌集だと思います。口語でさらりと核心をついて詠っているのがステキです。


で、私もチョコのメーカーの策略にしっかりはまり、小さな小さな箱ですが、差し上げる分も含め五つほど買いましたよ。で、あまり認めたくはないのですが、すでに二箱、娘と一緒にペロリと食べてしまいました。あ~あ。  Happy Valentine's Day!! 


DSC_2513.jpg


camera: Nikon


大雪です。明日には暴風が吹くとのこと。皆さまくれぐれもお気を付けください!

category: お菓子

thread: 食べ物の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

大雪が去って..... 

 


2月8日は大雪でしたね。みなさま、大丈夫でした? うちの近くでは8日の夜、スリップして動けなくなった車が、乗り捨てられ、道路をふさいだ結果、翌朝、道を通れない車の列ができて、大変でした。私、久しぶりに雪かきをしましたよ!下の写真は9日朝のもの。この雪はもう消えていますが、道路脇にはまだ残っています。でも、近所の高校生たちは元気そのもの。雪だるまをつくっていました。校庭で雪合戦している高校生も。若いってすばらしい!


P2091298.jpg 



P2091296-001.jpg 


赤いサザンカは雪化粧

P2091268-001.jpg 

蕾をつけた沈丁花が雪に埋まってしまいました。

P2091275-001.jpg 


camera:Olympus


こんな冬の日、「冬の散歩道」を思い出します。サイモンとガーファンクルの古~~~い曲。原題は、A Hazy Shade of Winter. この曲は90年代に日本では、TVドラマの主題曲として再ヒットして、それ以来、「冬の散歩道」というタイトルが定着しました。the Bangles がカヴァー曲を1987年出して大ヒットしたので、ドラマにも使われたのかもしれません。もしお好きでしたら、下のyoutube をご覧ください。 the Bangles のカヴァーのほうがお好きな方は、ここ で聴くことができます。






 

category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

白鳥のように -水仙の花 

 


白鳥が 生みたるものの ここちして 朝夕めづる 水仙の花
与謝野晶子


DSC_2417.jpg


寒さのなか、近くの公園では、水仙が咲いています。水仙の香しい匂いが辺りに立ちこめています。白い水仙を見ると、与謝野晶子さんが詠ったように、なんか白鳥を思い出します。諏訪湖で白鳥を見たからかもしれませんが。 この白い水仙は、ペーパーホワイトと呼ばれる水仙です。


P1221200.jpg 



P1221192.jpg 

真ん中が黄色のニホンスイセンも可憐ですね。

ブログを始めて一年が経ちました。二年目もぼちぼち更新するつもりです。明日は大雪との予報。皆様くれぐれもご自愛ください。 

camera: 1枚目 Nikon,  2,3,枚目 Olympus




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

諏訪を歩いて 

 


諏訪大社は四つの境内地をもつ神代からつづく古社。勇壮な御柱祭はいつもニュースで取り上げられますね。今回、下諏訪(下諏訪町)にある春宮から出発し、中山道を歩いて秋宮に向かいました。翌日、上諏訪(諏訪市)の本宮(もとみや)と前宮を訪ねました。いつも悪い癖で、ちゃんとした記録としての写真にはなっていません。きれいだなぁ、とか 面白いなぁ、と思ったものだけを撮るので、なんかバラバラな印象でごめんなさい。


DSC_1891.jpg
春宮の近くにある、万治の石仏
岡本太郎さんが絶賛した野辺にある石の仏様です。



DSC_1979-001.jpg 
秋宮 実に立派!


DSC_1914-001-1.jpg  
中山道沿いには、道端に湧く温泉

DSC_1997.jpg
懐かしい感じの民家がつづいています。


DSC_1929.jpg 

江戸時代は中山道の宿場町だった下諏訪。旧街道の風情たっぷりの街道沿いには、あちこちに温泉が湧き、足湯や立ち寄り湯もあります。この下諏訪で中山道と甲州街道が交差しています。 

本陣跡やまちかど博物館など多くの史跡があり、楽しかったです。上は街道沿いにあった歴史民俗資料館です。江戸時代の宿場民家を移転・保存した建物。下諏訪町が運営していて、無料でお茶とお漬物をいただきました。みなさんとても親切でいろいろ諏訪の歴史やお祭りのお話をうかがうことができ、うれしかったです。

DSC_1895.jpg
川辺は凍っていましたよ。


DSC_2220.jpg

上諏訪の前宮 ↑↓ 下の太鼓は巨大でした。

DSC_2216.jpg



DSC_2212.jpg


諏訪大社の本宮(もとみや)↑ 上諏訪にあります。諏訪大社の発祥の地に本宮は建っています。諏訪大社が日本の文書に現れるのは約1200年前。出雲と同様、古事記にしっかり記載されています。ということは、古事記成立よりはるか昔から、この地に鎮座されていたんですね。 一説では、狩猟採集時代である、縄文時代に遡る古き神様なんだそうです。上諏訪では、諏訪氏の居城であった高島城なども訪ねました。空気が澄んでいて、何度も行きたくなる、諏訪です。


DSC_2027.jpg


DSC_2302.jpg 


 
DSC_2050.jpg

camera:Nikon



 

category: 神社

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 10

△top