スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

昔のおうち 

 



DSCF7465.jpg

昔の建物について「いいなあ!」と思うのは、天然木が建材に使われていることです。さまざまな杢目がなんともすてき。合板なんてない時代、木材はふつう、すべて国産の天然木でした。PCもなくすべてが単純だった時代。不便そうだけど、家具や建築資材は、ホルムアルデヒドなどの毒性がつよい化学物質とは無縁な時代でもありました。

年を重ね、幾世代にわたって使われた家の床。黒光りして美しい。裸足で歩けば、ひんやりと気持ちがいいだろうなぁって、つい思ってしまいます。今の時代、天然木をふんだんに使うなんて、大変なぜいたくなんでしょうね。

DSCF7526.jpg 


この威風堂々たるおじさまが案内してくださいました。快くモデルになってくださり、ポートレートの練習(笑)をさせてくださいました。ありがとうございます。





スポンサーサイト

category: 建物

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 8

△top

窓 ― 中之島公会堂 

 


のびあがれど 吾に届かぬ窓ありて 風吹けば風の運びてくるもの
久田美知

DSCF7607.jpg 

先日、用事で大阪に立ち寄ったとき、久しぶりに中之島公会堂に入ってみました。昔の公会堂はかなりオンボロだった記憶があります。2002年、再生保存工事が完了し、竣工された当時の美観をとりもどしました。東京駅もそうですが、再生なる!って、うれしいですね!実施設計は、中央停車場(東京駅)と同じく辰野金吾氏(設計原案は岡田信一郎)。窓を撮るのが好きで、ここでも窓中心に撮ってしまいました。

DSCF7617-001-1.jpg 

この公会堂、「大阪市中央公会堂」っていうのが正式名称なんですね。みんな「なかのしまこうかいどう」としか呼ばないから、今回、行ってみて初めて知りましたよ(笑) 見学ツアーの日に行けば、ホールや特別室などのすばらしい部屋を見ることができますが、ちょっと寄っただけなので、お部屋には入れませんでした。 でもちらっと(笑)ドア越しにのぞくと、社交ダンスされていましたよ。

DSCF7595.jpg



category: 建物

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 9

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。