日本最古の木造灯台 石川県・旧福浦灯台 

 



石川県の羽咋郡福浦港に現存する日本最古の木造灯台。 ね、可愛いでしょ?すごく雰囲気のある灯台です。福浦の港より船で湾内を一周したのですが、高台にちょこんと立つこの灯台に見惚れてしまいました。

_DSC7329.jpg


_DSC7323.jpg

ちょうど福浦はお祭でした。船には大漁旗がはためき、能登瓦の家並みに映えていました。能登はどこへ行っても、農村も漁村も、日が当たると銀色に燦然とかがやく美しい能登瓦です。

_DSC7358.jpg
_DSC7353.jpg
_DSC7319.jpg


おまけ

都内中央区にも、この灯台によく似た灯台(復元されたレプリカ)があると、TVで見たのですが。石川島にあるそうです。本物なら見てみたいけど.....なんとこのレプリカの石川島灯台、下はトイレになっているんですって! それも便利でしょうけど、やっぱり灯台は灯台だけでいいような気がするわ~~~




スポンサーサイト

category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 9

△top

輪島、漆工房 

 


輪島の塩安漆器工房で輪島塗の塗りの作業を見学してきました。輪島といえば、高級漆器の横綱。職人さんたちの真剣なお仕事ぶりに感銘!輪島塗(漆器)は、器自体が割れてしまったり、傷が付いたり、 塗が禿げてしまっても、修理をしてまた使うことができるそうです。
_DSC7182.jpg 

_DSC7183.jpg 
家には結婚祝いでいただいた輪島塗の花器があります。お正月に花を生けるのですが、扱いや後始末が乱暴でお粗末なんでしょうね、少し剥げかかっています。塩安さんでこの修理の話を聞いて、好きな花器なので、修理に出してみたいなぁ、なんて思いました。でも近辺で修理してもらうところ、なさそうだし......
_DSC7174.jpg 

_DSC7172.jpg 

石川県が舞台ではありませんが、以前、藤沢周平の「漆の実のみのる国」を読みました。米沢藩の上杉鷹山のお話。とても面白かったのですが、読んだ当時、漆についてほとんど知らなかったので、今回、漆工房を実際にこの目で見て、「漆」について目からウロコというか、見直したしだいです。そういえば、漆器のことを英語では「japan」とも言うのでしたよね。

_DSC7166.jpg 



category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

郵便列車 -能登中島駅 

 



小さい頃、郵便馬車の物語を読んだことがあります。絵本だったと思いますが、動物の村に郵便馬車で郵便を配るお話だったような記憶が.......今回の能登への旅。郵便馬車にはさすが出会えませんでしたが、穴水駅から「のと鉄道」に乗車し、「郵便列車」なるものを見に行きました。日本で実際に走っていた郵便列車が、小さな駅、「能登中島駅」に保存されています。中をのぞくと......

_DSC7388-002-1.jpg 

_DSC7393.jpg

_DSC7386.jpg

_DSC7392.jpg

昔むかし、国鉄能登線が廃線となり、第三セクター「のと鉄道」が設立されました。紆余曲折があり、現在はのと鉄道七尾線(七尾~穴水)だけ走っています。学生時代はもっと長い距離を走っていたような気がするけど。

この郵便車は昭和時代に製造されたもので、当時は北海道から九州まで全国各地を、郵便物を社内で仕分けしながら活躍していたそうです。鉄道郵便は昭和61年に廃止となり、郵便車全車が引退したそうです。国内に、ここの1両をふくめ、2両が保存されているんだとか。

この話を友人にしたら、「現金輸送列車だって昔はあったそうよ」なんて言いました。へぇ~~~映画みたい、なんて思ってちょっと調べたら本当に現金輸送列車が日本に存在していたようです。


能登中島駅
_DSC7384.jpg

_DSC7395.jpg

沿線、田んぼの稲穂が色づきはじめていました。

_DSC7383-001.jpg 

_DSC7378-001.jpg 
穴水駅にて







category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

輪島朝市 

 



先日の能登への旅、輪島の朝市で。
_DSC7192.jpg


_DSC7200.jpg
_DSC7210.jpg

_DSC7188.jpg

_DSC7195.jpg




category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

「あえのこと」 奥能登の神事 

 



下のご馳走、何だと思われますか? 奥能登の農家に伝わる「あえのこと」と呼ばれる農耕儀礼のさいのご馳走。「田の神様」に一年の収穫を感謝して、召し上がっていただくために用意されたもの。写真の中のご馳走はみんな本物です。レプリカではありません。

_DSC7262.jpg

_DSC7276.jpg


_DSC7280.jpg 

_DSC7270.jpg
_DSC7261.jpg


_DSC7259.jpg







category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

抒情 -新湊内川ー 

 



立ち止まらなきゃ見えない景色だってあるんだ

 
映画「人生の約束」より


_DSC3101.jpg



_DSC3097.jpg


前回の記事に書いた万葉線の路面電車「ドラえもん」にゆられて、新湊の内川へ。

ここは高岡市ではなく、お隣の射水市になります。「日本のベニス」と呼ばれているとか。約2キロ弱の河川に多くの漁船が停泊し、両岸の家並みが美しい。まるで映画のセットのようです(セットではなくリアルな生活な場)。ここで映画「人生の約束」のロケがおこなわれました。曳山祭りで有名な内川。お祭りの時にまた行ってみたいです。それにしてもここの夕景を撮りたかったなぁ!

_DSC3069.jpg 


_DSC3091.jpg 


_DSC3073-001.jpg




いちおう、映画の予告編を載せておきますね。かなりよかったです!






category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 10

△top

高岡の街角で 

 



_DSC3128.jpg


富山県高岡市、初めて行きました。銅器など鋳物が古来より盛ん。高岡は加賀藩(前田利長が造った町)だったのですね。金沢から高岡まで新幹線で約20分。その間、すべて加賀百万石の領地だったとは!戦災に遭わなかったので、古い町並みが残っています。高岡であんみつを2回食べたのですが、めちゃ、美味しいのです。金沢のお菓子はとても美味しいですよね。それと同じです。高岡、さすが元加賀藩だとあんみつをいただきながら感心いたしました。


_DSC3117.jpg
 

_DSC3114-001.jpg  


_DSC3110.jpg

_DSC3040.jpg

_DSC3031.jpg






category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

合掌造りの里、五箇山を訪ねて 

 



・・・山里としてはこの五箇山郷の方がはるかに天離って下界に遠く、
さらには独立性の強い文化を持つあたり、
文字通り日本の桃源郷とよばれてもよさそうである。

司馬遼太郎

_DSC3325.jpg

朝、前日の雨で水分をたっぷりふくんだ茅葺の屋根から水蒸気が立ち上る

先日、妹と小さな旅をしました。妹と一緒の旅はすべての面で楽ちんです。宿の手配からスケジュールの管理まで、すべてやってくれるので、私はついてゆくだけでよいのです。今回は富山県のJR高岡駅で待ち合わせ。五箇山と高岡を訪ねました。

五箇山は、合掌造りの里として岐阜県の白川郷とともに世界遺産です。冒頭の司馬遼太郎の「街道を行く」に述べられている通りの里でした。数年前に行った白川郷もステキでしたが、なんせ銀座並みに人が多い。その点、五箇山は素朴で、まさに日本の原風景の里。おとぎ話から抜け出たような集落が現実に存在しているんですね!

_DSC3153.jpg
せっかくなので、五箇山の相倉集落の築250年の合掌造りの民宿に泊まりました。ご主人が、集落の歴史や昔の様子を伝えるビデオなど見せてくださいました。また「こきりこ節」の披露も。世界遺産を維持してゆくのには、たいへんなご苦労があるんですね。

この五箇山と白川郷は、県こそ違いますが、同じ庄川流域です。知らなかったのですが、この庄川流域には以前、合掌造りの集落がほかにもいくつかあったそうです。ところが離村などで他は消滅し、この二つが残ったそうです。

夕食は、囲炉裏を囲んで海外からのお客様などと一緒に、下の写真のをいただきました。イワナも鯉のあらいもとても新鮮。また天ぷらや煮物は山菜で、初めていただくめずらしい山菜もたくさんあり、とても美味しかったです。蓋をとるのを忘れていましたが、お椀の中には色とりどりの煮物(山菜)が入っています。

_DSC3132.jpg 



2013年夏の白川郷の記事
は←クリックしてください。





category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 8

△top

戸隠古道をゆく 

 


_DSC1065.jpg

「古道」という響きにいつも惹かれます。特にいにしえの参詣道。かつて修験者たちが歩いた道。そうした古道の多くは開発が進んだりして、今はよくわからなくなった道もおおいですが、戸隠は昔の雰囲気をとどめています。去年は「熊野古道」の一部を歩きました。今年は、信州の「戸隠古道」を約20キロ。険しいところもありましたが、戸隠五社をめぐりました。涼しく空気が澄んでいて、リフレッシュできました。

_DSC1076.jpg 

_DSC0984.jpg 
熊野にはないものが戸隠にはあります。地名とは異なり、熊野にはクマはほとんどいないのですが(いることはいますが、地域の絶滅危惧種)、戸隠は............こんな立て看板があちこちに。なぜ修験者たちが鈴を鳴らして歩いていたか、よくわかります。魔除けにくわえ、クマやオオカミ除けだったのでしょう。鈴をリンリン鳴らして歩けば大丈夫とのこと。クマは軽井沢や奥日光にもいるし、怖がっていてはキリがないので......

_DSC1033.jpg


_DSC1047.jpg 
_DSC1034-1.jpg

途中、池が二つほどあります。そのなかでも鏡池はとてもきれいです。

_DSC1030.jpg 
_DSC1026.jpg 

宝光社には、杜のお宝が燦然と鎮座していましたよ。戸隠、お蕎麦もおいしいし、ステキです!写真の整理が追いつかず、写真、ごく一部ですが。

_DSC0970.jpg 



category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

そばの花、咲くころ 

 


鬼すだく戸隠のふもとそばの花

category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

小樽へ 

 


小樽に行ってきました。学生時代に一度通り過ぎただけで、年月は経ち、どんな街だったか、記憶はおぼろ。小樽は昔大変栄えた北海道の商都。「小樽へ行けば食べてゆける」と言われ、多くの人や物資が集まった町。運河には人やモノを運ぶ舟が行き交っていました。数多くの大銀行(安田銀行や三井銀行など)の旧小樽支店の威風堂々たる建物がたくさん残されています。 
に、に、日銀の小樽支店までありました!とてもステキな街です!

DSCF4801.jpg

DSCF4783.jpg

DSCF4796.jpg 
どこの家にもある缶詰の缶を作っている北海製罐会社の倉庫


DSCF4776.jpg 

れっきとした観光客である私は、みんなが写真を盛大に撮っている観光スポットで、みんなと同じような構図の観光写真をたくさん撮りました(笑) 写真の師匠には見せないでおこうっと! きっと顔をしかめるだろうから(笑) けれど、写真家でもなんでもなく、たんなる観光客の私は、やはり有名な小樽運河や石造りの倉庫の写真を撮りたくて、出来はともかく、撮れたことに満足したのでした!

DSCF4807.jpg 
旧日銀小樽支店の建物

DSCF4758.jpg 
小樽はガラスの町。ガラス製造が今でもさかんです。

DSCF4787.jpg
多くの石造りの倉庫が保存されていて、上のは、ライブハウスに転用され、現役です。

DSCF4755.jpg
古い
趣のある建物が数多くあり、楽しかったです。

DSCF4779.jpg 




category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

補陀落渡海(ふだらくとかい) 那智勝浦にて 

 



DSCF2164.jpg

昔むかし、海のかなたの浄土、補陀落(ふだらく)へと、小さな舟に乗って渡海する僧たちがいました。補陀落渡海は、足摺岬など太平洋に面した各地でも行われていたそうですが、和歌山県の那智勝浦の補陀落渡海はつと有名です。けれど、じっさい挙行された捨身行である渡海には、浄土への想いだけでは済まされない厳しい現実が待っていたようです。ちなみに、補陀洛とは古代サンスクリット語の観音浄土を意味する「ポータラカ」の音訳だそうです。

DSCF2091.jpg
 補陀落山寺 (世界遺産)

復元された渡海船
DSCF2086.jpg 
ふつうは1人だけ乗ったそうです。棺の舟といった感じがしました。同行者がいたことも。どうしても嫌で逃げ出した僧もいたとか。

熊野には、海の彼方に理想郷があるという「常世信仰」があり、それが観音信仰と結びついて渡海が行われるようになったとか。記録に残っているだけでも9世紀から18世紀まで25人の僧たちが渡海。

勝浦に宿泊して翌朝、海辺を歩いてみました。ずっと歩いていくと、岩礁に鳥居が見えてきました。ここは別に観光スポットではありません。地元の人たちだけに親しまれている、弁天島。

DSCF2170.jpg


DSCF2173.jpg 

那智
の滝
DSCF2125.jpg

那智大社の八咫烏

DSCF2119.jpg 
那智大社へつづく古道にはレンゲが咲いていました。

DSCF2107.jpg








category: 旅日記

thread: 風景写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 2

△top

遥かなる熊野  

 


朝の間の 草原のいきれ 疲れゆく 我を誰知らむ 熊野の道に
折口信夫

DSCF2293.jpg

先日、熊野古道を歩いてきました。すごく遠かったです。マイルが貯まっていたため、空路で南紀白浜空港へ。そこから熊野を目指しました。上は大斎原(おおゆのはら)。ここにかつての熊野本宮がありました。本流熊野川と音無川、岩田川が合流する木々の生い茂る中州です。

後白河帝、鳥羽帝、和泉式部さんなど多くの皇族、貴族たちが、京の都からこの大斎原を目指しました。後白河さんにいたっては、なんと33回、熊野にいらしています。そして熊野信仰が盛んだった中世、庶民たちも大勢、この地に詣でました。伊勢参りが盛んになる江戸期以前のことです。明治22年、熊野川流域をおそった大洪水のため、水害を免れた四社を移築したのが、現在の熊野本宮大社だそうです。現在、大斎原には大鳥居が立っています。

DSCF2279.jpg 
熊野本宮大社 (世界遺産)
DSCF2274.jpg

DSCF2265.jpg
神武天皇ゆかりの八咫烏の幟があちこちはためいていました。
八咫烏は、熊野本宮だけでなく、
熊野三社の那智大社、速玉大社でも神のお遣いであり、シンボルです。

DSCF2283.jpg 

2004年、UNESCOの世界遺産登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」は広大な地域にまたがっています。いわゆる熊野古道に指定されている道だけでもたくさんあり、今回歩いたのは中辺路のごく一部の10キロほどにすぎません。山奥深く、ひたすら歩いていると、なんか澄んだ気持ちになるのが不思議です。

DSCF2264.jpg

DSCF2240.jpg 

DSCF2257.jpg




category: 旅日記

thread: 風景写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 10

△top

網走にて  

 


不器用な男ですから..... 
高倉健

DSCF0597-1.jpg  
高倉健さんが亡くなられました。訃報に接して、今年の夏訪れた北海道、網走市にある歴博、「博物館 網走監獄」を思い出しました。写真は、博物館の広い敷地に点在し、保存されている、旧網走監獄ゆかりの建物です。この歴博、敷地が広く、旧監獄などがよく保存されていて、とても充実していました。じつはここの写真、SDカードが不調で半分ぐらい消失しました。残念です。

ここの売店でしか買えないという<
網走監獄 祝出所まんじゅう>を買って帰りました。

私はまだ映画、「網走番外地」を見たことがありません。網走に行って以来、そして高倉健さんが亡くなって、ぜひ見たくなりました。TSUTAYAへ借りに行こうと思います。

合掌
DSCF0685.jpg

DSCF0599.jpg

camera:Fujifilm






category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

アプトの道のトンネル -碓氷鉄道遺跡 

 



DSCF8181-002.jpg 
横川駅~熊ノ平駅間の廃線敷にあるトンネル。碓氷峠鉄道遺産の一部 ↑

DSCF8185.jpg


先月妹が遊びにきたおり、いま話題の、新たに世界遺産に登録された、群馬県の旧富岡製糸場を訪ねました。チケットを買うにも並んでいるとの噂を聞いて、遠路やってくる妹が疲れるだろうとも思い、は・は・「はとバス」のツアーで行きました。さすが、世界遺産、それはたくさんのツアーバスが押しかけていましたよ。製糸場に着く前にバスが立ち寄ったのが、碓氷峠近くの鉄道遺跡、通称、「めがね橋」。

DSCF8175.jpg 

「めがね橋」はわが国最大の煉瓦づくりアーチ橋です。明治25年に完成。アプト式鉄道を支えてきましたが、昭和38年新線開通に伴い廃線となりました。そして現在、この廃線跡の一部が遊歩道、「アプトの道」として散策できるようになっています。このめがね橋、ちょっと前までは、たぶん静まり返っていたのでしょうが、富岡製糸場ブームの余波で、人気スポットになっているようです。

DSCF8183.jpg 

碓氷峠鉄道遺産には他に、横川駅と軽井沢駅の間に煉瓦づくりの変電所があるそうです。国の重要文化財に指定されており、とてもステキな建物。ああ、そこまで歩きたかったです。でも、はとバスでは、残念ながらこのめがね橋付近だけの散策でした。

camera:Fujifilm




category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

ピリカな舞 -阿寒湖アイヌ・コタンにて 

 


 天から役割なしに降ろされたものはひとつもない
(カント オロワ ヤク サクノ アランケプ シネプ カ イサム)
アイヌの諺より

アイヌ語で「美しい」は、「ピリカ」というそうです。「ピリカ」っていい響きですね。ちなみに「アイヌ」とは「人間」という意味。阿寒湖のほとりにアイヌ・コタンの一つがあります。そこのアイヌ・シアターでは、阿寒湖のアイヌの人たちが古くより受け継いできた古式舞踊を上演しています。国の重要無形民族文化財であり、ユネスコの世界無形文化遺産。すばらしかったです。詳しくは
ここをクリックしてください。

DSCF0865-1.jpg 

DSCF0872-001.jpg

DSCF0850-1.jpg  

DSCF0881-001.jpg 
上は阿寒湖・アイヌコタンの入り口に飾られた大きなシマフクロウたち。
下は早朝の霧の阿寒湖。先月道東に行ったおりのものです。


DSCF0904-1.jpg  

DSCF0906.jpg  
camera:Fujifilm





category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

安曇野にて 

 


匂い立つような薄紅の衣を身にまとい、静かに祈る巫女さん。 
先日、信州、安曇野、穂高神社での一こまです。

DSC_8217-002.jpg


DSC_8221.jpg 

安曇野は涼しく、しかも水がとてもきれい。
梅花藻(バイガモ)がゆらりゆらり水にただよっています。
花の季節は終わっていました。可愛いバイガモの花、見たかったです。
安曇野、北アルプスを望む(山の方はお天気が悪くあまり見えなかったけど)
山紫水明の里です。

DSC_8347.jpg


野辺には道祖神がたくさんあります。 可愛いですね。

DSC_8307.jpg

DSC_8566-001.jpg 

DSC_8287.jpg 

camera:Nikon

休暇中でコメント欄は閉じております。

皆さま、よい夏休みをお過ごしください!



category: 旅日記

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

花の吉野へ  

 


みよし野の 山の山守 こととはん 今いくかありて 花や咲きなん
後醍醐天皇

先日、関西に用事で行ったおり、奈良県、吉野山に行く機会がありました。吉野は千年以上前から、日本一の桜の名所。日本が誇る桜、ソメイヨシノは、この吉野の名を、この桜が生まれた染井村(江戸)の名とともに冠しています。

かの地は、西行が愛した地。多くの和歌がここで詠まれました。そして吉野には、14世紀、後醍醐天皇により、南朝の皇居が置かれました。また修験道の祖とされる役行者(えんのぎょうじゃ)のゆかりの地。桜が美しいだけでなく、多くの歴史に彩られた吉野。吉野へ誘ってくれた妹に感謝です。

DSC_5025.jpg 
吉野は、下千本、中千本、上千本、奥千本と、その標高に応じて次々と開花します。私たちが行ったときは、下千本は満開。中千本は満開間近。上千本はちらほら、奥千本は蕾でした。

吉野には山桜であるシロヤマザクラが主に咲いています。西行が詠んだのは、江戸期後半に開発されたソメイヨシノではなく、この山桜なんですね。 ↓

吉野山 去年の枝折の 道変えて まだ見ぬ方の 花を尋ねん (西行) 

DSC_5032.jpg 
DSC_5093.jpg 
この吉水神社に南朝の皇居がおかれました。後醍醐天皇は、鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始したものの、足利尊氏は離反し、いろいろあったのち、京都では尊氏が推す光明天皇が即位。1336年、後醍醐天皇はこの吉野に転居しました。皇室は南北に分裂。以降、1392年に合一されるまで、南朝の四帝がこの神社を御所としてつかわれました。

ほんとうにここ、山深いところです。きっと後醍醐天皇、寂しかったでしょうね。

DSC_5168.jpg 

北闕門(ほくけつもん)に後醍醐天皇は朝夕立ち、京都の方の空を仰ぎながら、九字を切られたそうです。今その場所はパワースポットにもなっています。↓

DSC_5113-001.jpg 

DSC_5121-001.jpg 

DSC_5117.jpg 
驚くほど質素な建物です。京都御所とは雲泥の差。

DSC_5133.jpg 
玉座の間

DSC_5140.jpg 
若き日の後醍醐天皇の肖像画が残されています。

DSC_5152.jpg 
役行者(役小角)の像もありました。修験道の開祖とされる日本の初代魔法使い的存在。
役小角は鬼神を使役したそうですよ。近くの金峯山寺は役小角の開基と伝えられています。

そしてあの豊臣秀吉がこの神社でお花見の宴をしました。さすがリッチな秀吉。その折、傷んでいた神社を大改修して現在に至っているそうです。

また、この吉水神社で源義経は愛する人、静御前と数日過ごした後、別れを告げたそうです。兄、頼朝の追討の手を逃れて義経が落ちてゆこうとする大峰山は女人禁制(現在もそうなんですよ!びっくり)。静御前、16歳だったんですって。

吉野山 峰の白雪 踏み分けて 入りにし人の 跡ぞ恋しき (切な~~い)
静御前
 
DSC_5175.jpg 
金峯山寺をのぞむ。 お寺では、日本最大とされる秘仏が公開されていました!クリックすると蔵王権現へ。←本当にすごいですよ! 真っ青に!

吉野は国立公園で、しかもユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部です。なので、ハイカーや観光客の方がたくさんいました。ただ吉野はとても広いので、上野のような混雑ではありません。

DSC_5028.jpg 

面白いお店がいっぱいありました。

DSC_5177.jpg 

DSC_5047.jpg 

DSC_5034.jpg 
吉野には桜をテーマにした食べ物がたくさんあります。

桜味のソフトクリーム。これ桜餅の風味がしておいしかったです。

DSC_5191.jpg 

DSC_5074-001_20140415173257e2a.jpg 
椿も満開。

DSC_5236.jpg 

今回、桜が開花していなかったこともあって、上千本、奥千本へは足をはこびませんでした。なので、吉野をちょっぴり歩いただけです。西行庵のある奥千本のほうへいつか登山できれば、と妹と話していました。

五年ぶりに奈良県に行きました。吉野へ行く途中、おだやかな田園風景が広がり、そのなかに白壁の家が点々とつらなっていました。「大和は国のまほろば」ですね!


camera:Nikon



category: 旅日記

thread: 旅の写真 - janre: 写真

tb: --   cm: 2

△top