ヤドリギのある光景 

 


キャンパスの こんなところに ヤドリギが まるく巣ごもり 誰も知らない

永田紅


DSCF7265-001.jpg

冬の枯野を歩くのもいいものです。木々は葉を落とし、枝が美しいフォルムを見せてくれます。荒涼とした風景にも味わいがあります。梅の花が咲くともうすぐ立春です!

DSCF7281.jpg 


DSCF7084.jpg




スポンサーサイト

category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

夢の跡 

 



_DSC5053.jpg



category: 冬景色

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

夢は枯野を駆けめぐる? 

 



昨日は立春でした。梅の花があちこち咲いています。でもまだ草木は枯れたまま。若芽が芽ぶいて緑になるのはもう少し先。ただ枯野にはそれなりの味わいがあります。寒い中歩いていると、爽快です。

DSCF7103.jpg 

DSCF7109.jpg 

category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 10

△top

ついてない日 

 


今日はついてないだけ。 人生、ついてないということでもないわ
It's just a bad day. Not a bad life.

DSCF6716.jpg


と、思いたいです。

じつはPCが一台、壊れてしまいました。あ~あ。私はいつも2台使っているのですが、古い方が、といっても2年ぐらいしか使っていないのに、とつぜんのブラックアウト。ドジな私は、またもや一部のデータをなくしてしまいました。写真は、外付けのハードディスクとクラウドに保管しています。けれどかなりの枚数を撮るので、外部へのバックアップが遅れ気味になります。で、最近の100枚ほどが消えたもよう。皆様も気をつけてくださいね。といっても、こんなドジをするのは私ぐらいでしょうが。妹(PCの先生)に、「なんちゅうアホか」と言われそう。 

その後、ウィルスソフト(Norton)の引継ぎ(自動延長の途中だったので)にすごく時間がかかりました。結局自分ではうまくできず、Nortonのサポートが遠隔操作でやってくれました。遠隔操作って、なんかSFみたいですね。勝手に(もちろん許可したのですが)私の新しいPCをコントロールするのですよ。 

やっと落ち着いてきたので、皆さまのほうに、訪問させていただきますね。



category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 12

△top

大雪が去って..... 

 


2月8日は大雪でしたね。みなさま、大丈夫でした? うちの近くでは8日の夜、スリップして動けなくなった車が、乗り捨てられ、道路をふさいだ結果、翌朝、道を通れない車の列ができて、大変でした。私、久しぶりに雪かきをしましたよ!下の写真は9日朝のもの。この雪はもう消えていますが、道路脇にはまだ残っています。でも、近所の高校生たちは元気そのもの。雪だるまをつくっていました。校庭で雪合戦している高校生も。若いってすばらしい!


P2091298.jpg 



P2091296-001.jpg 


赤いサザンカは雪化粧

P2091268-001.jpg 

蕾をつけた沈丁花が雪に埋まってしまいました。

P2091275-001.jpg 


camera:Olympus


こんな冬の日、「冬の散歩道」を思い出します。サイモンとガーファンクルの古~~~い曲。原題は、A Hazy Shade of Winter. この曲は90年代に日本では、TVドラマの主題曲として再ヒットして、それ以来、「冬の散歩道」というタイトルが定着しました。the Bangles がカヴァー曲を1987年出して大ヒットしたので、ドラマにも使われたのかもしれません。もしお好きでしたら、下のyoutube をご覧ください。 the Bangles のカヴァーのほうがお好きな方は、ここ で聴くことができます。






 

category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

水仙が咲きだしました 

 


海鳴りに 耳を澄まして いるような 水仙の花 ひらくふるさと
俵万智

久しぶりに葛西臨海公園に行きました。たまたま風が穏やかな日で、陽射しが心地よかったです。海がいつもそこにある町に育ったので、時折、無性に海が見たくなります。 今回は水族館には寄りませんでした。 水仙が咲きだしていましたよ!
 



DSC_1694.jpg  



 DSC_1678-01.jpg

この公園には猫がいます。4匹見かけました。 数時間で4匹だから、じつはもっとたくさんいるんでしょう。どの猫も人なつっこく、人を怖がりません。 のんびり、広い園内で暮らしているようです。


DSC_1698.jpg 

 
子供たちがつくった貝の輪が砂浜に残されていました。 

DSC_1728.jpg




釣り人もいます。なにが釣れるのかなぁ? 以前より夕焼けの写真を撮りたくて、試みました(笑) あ~あ、なかなかうまくは撮れません。


園内の湿地では、ススキやヨシ(?)が枯れていました。冬鳥たちがそのあいだを泳ぎ回っていましたよ。これから寒さは本番。みなさま、ご自愛ください。



DSC_1769.jpg 

camera: Nikon


 

category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

枯れ枝は世界の骨 

 

「枯れ枝は 世界の骨  静謐が答  寂寥は快楽.....」から始まる、谷川俊太郎さんの詩「冬」。「寂寥は快楽」かぁ........ふむふむ。でもそこまでの境地になれない私。けれどこの詩の続きにあるように、.なぜか冬木立の中を歩きたくなります。しんしんとした冷気のなかを。



PC300911-01.jpg 



PC300910.jpg 



P1010948.jpg  




DSC_1185.jpg 




DSC_1188-001.jpg  



camera:上3枚 Olympus  下2枚:Nikon



お好きでしたら、キーンの「僕たちだけが知っているところ: Somewhere Only We Know」をお聞きください。
誰もいない冬枯れの地をひたすら歩いてゆけば、失ってしまった「素朴ななにか」に、また出逢えるかもしれません。



 



category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

よいお年を! 

 

12月になると、なんだかあっという間に日が過ぎてゆきます。すっかり木々の葉も落ちたんだろう、と思っていたら、まだもみじはところどころに色づいた葉が残っています。温暖化の影響なのでしょうか? 

今年一年、つたないブログを読んでくださいましてありがとうございました。今年最後の記事は、イルミネーションにしたかったのですが、ぜんぜんイルミネーションを撮っていないので、残念ながら冬木立になってしまいました。

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。 来年もよろしくお願い申し上げます。なお次回更新は新年になります




PC030346-001.jpg
 



PC160618-1.jpg 


PC190802.jpg



PC190781.jpg 



PC190710.jpg 


PC190702.jpg 



PC190712.jpg 



PC190694.jpg 
神戸北野にて



camera: Olympus



category: 冬景色

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 4

△top

冬木立 

 






ユリノキの大木。 裸木はすくっと天を突く。秋はみごとな紅葉だったけれど.......


DSC_8005.jpg
 


きれいなシンメトリーに撮りたかったのですが、ちょっと枝振りが違うみたい。 撮る角度にも問題があるのだと思います。 背景の太陽をもっと上手に入れられたら........ ←そうする腕がない...... 

葉が落ちた、しだれ柳の後ろで、こんな 小さい春 を見つけました。しだれ柳はもうすぐ、すてきな淡い緑色に芽吹くはず。 楽しみです。

DSC_7993-002.jpg


あ~あ、紅梅にピントがきてない・・・・・せっかく、Yの幹だったのに・・・・・

ブログを初めて約半月。 やっと10個を超える記事がたまりました。 そのため、これからは更新のペースが落ちると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。 なかなか上手く撮れません。 でもあきらめず、牛歩のごとく.....少しずつ.......撮ってゆきたいと思います。





Camera: Nikon D7000
Lens: AF-S DX NIKKOR 18-105mm 







 

category: 冬景色

thread: 冬の景色 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

△top

冬の池 

 





冬の夕暮れ。夕陽が池の水面を照らす。はかなげな冬の陽。無数の枯れ蓮の影がゆれる。枯れ蓮の森を寝ぐらにしているのだろうか。 冬鳥たちは飽きもせず、幾重にも弧を描く。描いては消え、描いては消え....たそがれの薄青い池。静かだ。  

 
DSC_8128.jpg




Camera: Nikon D7000
Lens: AF-S DX NIKKOR 18-105mm




category: 冬景色

thread: 冬の景色 - janre: 写真

tag: 冬、冬鳥、水 
tb: 0   cm: 0

△top