金平糖ような青い実 

 


暑中お見舞い申し上げます。
猛暑の日々です。皆さま、ご自愛くださいませ。
暑さの中、草木たちの季節は確実に進んでいるようです。近くの公園でこんな実を見つけました。
金平糖に似た突起のある青い実。
ね、可愛いでしょ?! これコノテガシワの実です。針葉樹で葉もきれいです。

_DSF4508.jpg 
_DSF4509.jpg 

そして黄色い花を咲かせていたエニシダもお豆さんをつけています。
エニシダはマメ科です。

_DSF4503.jpg


_DSF4511.jpg


_DSF4501.jpg




スポンサーサイト

category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

緑さす公園で 

 


桜の季節もあっという間に終わり、五月も半ばとなりました。今日は暑いですね!近くの公園では、花もすっかり初夏模様になっていました。「緑さす」という季語のごとく、緑がまぶしいです。

_DSC6679.jpg

_DSC6517-1.jpg 

_DSC6608.jpg 

_DSC6634.jpg 
_DSC6631.jpg
上はエニシダでしょうか?なんか違うような.....

_DSC6584-1.jpg 
シャクヤクが満開です。なんか花のかたちがバラに似ていますね。

_DSC6626.jpg
_DSC6625.jpg



昨日19日はナオの命日でした。あっという間にあの子が逝って一年がすぎました。時おり、まだ家にいるのかなぁ~?というような気配を、気のせいでしょうか、感じます。でもきっと猫の天国に無事着いていると思います。別れはつらいですが、猫って、人間に幸せだけをくれるような気がします。ありがとう、ナオたん!







category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

2017 桜、サクラ、さくら 

 


すっかりご無沙汰してしまいました。バタバタとしていて、なかなか更新できませんでした。お休み中に訪問してくださった皆様、本当にありがとうございます。ふかく御礼申し上げます。気がつけば、花はもう終わり。桜蘂(しべ)降る頃となりました。地面に桜の赤っぽいしべがたくさん落ちています。今年撮った桜の一部をアップします。

桜はむずかしいですね。わりとたくさん撮ったのに、気にいったのがほとんどない現実。ちょっとへこんでいます。こんどの写真展、桜をテーマにだそうかしら?とも考えていたのですが、う~~~ん、と困っています。

_DSF3619.jpg


_DSF3574.jpg


_DSF3060.jpg 

枝垂れ桜をいろいろな所で撮りました。枝垂れは早く咲き出すタイプ、またかなり遅く咲き出すタイプ、とさまざまですね。白っぽい花のほうがピンクのより、早く咲き出すような感じです。

一方、ソメイヨシノはこれまた撮るの、ほんとにむずかしい!下のは、近くの公園で撮ったもの。紫菜花がいっぱい咲いて、桜の花びらが散り敷いた小道をかこんでいます。

_DSF3331 (2) 


_DSF3303.jpg 


_DSF3560.jpg 
  

_DSF3536.jpg


_DSF3461.jpg 
これは神戸の家の裏山の桜です。

category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

新宿御苑にサクラ咲く 

 



花衣ぬぐや纏わる(まつわる)紐いろいろ

杉田久女

先日、新宿御苑にお花見に行きました。全体としては2~3分咲き。ただたくさんの品種の桜があるので、満開を迎えている種や花が終わった種、はたまた見頃のもありました。多くのソメイヨシノはこれから満開をむかえるようです。すごい人出でしたよ!たぶん、3万人以上は同時にいたのではないでしょうか?広いからそれほど押し合いへしあいではありませんでしたが。海外からの方もおおく、花衣をお召しになった女性たちのあいだで、中国語や韓国語、英語にフランス語、スペイン語など、さまざまな言語が飛び交っていました。日本の花見も国際化しておりまする。

_DSC6057.jpg


_DSC6145.jpg


_DSC6120.jpg 


_DSC6097.jpg


_DSC6139.jpg 


_DSC6109 (2) 


_DSC6126.jpg




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

ユキヤナギの森 

 



ユキヤナギが満開です。このユキヤナギは大きなもので、四方八方に奔放に枝を伸ばしています。ユキヤナギの重なった枝の隙間から中をのぞくと、あたかも白い森を見ているようです。

_DSF2895.jpg

_DSF2896.jpg


_DSF2893.jpg





category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

2017 乙女椿 

 


年年歳歳花相似たり
歳歳年年人同じからず


毎年恒例の公園の乙女椿の記念写真。今年もきれいに咲いています。ピンクでとても可愛いです。

_DSF2888.jpg 


_DSF2927.jpg 


_DSF2923.jpg 



_DSF2883.jpg




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

アセビの花咲くころ 

 


月よりもくらきともしび花馬酔木(はなあしび)
山口青沌

アセビ(馬酔木)が満開です。壺状の小さな花が可憐です。冒頭の句のように、なんだか「灯」に似ていますね。サクラソウもいま、とてもきれいです。もうすぐ桜が咲きだすことでしょう!楽しみです。

_DSF2815.jpg


_DSF2820.jpg


_DSF2829.jpg



_DSF2806.jpg





category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

せっかちなラベンダー?! いえいえ、ローズマリーでした(笑) 

 



昨日近くの公園に行ったら、ブルーの花を発見。以前から公園の端っこに、この植物が生えているのは知っていたけど、地味だし、気に留めていなかったのです。ラベンダ―に似ているなぁ~~~ でも考えてみれば、かなりヘン!これ、ラベンダーですか? でも、でも、ラベンダーって、2月から咲くのですかね?

という記事をアップしたところ、お友だちからこの植物は「ローズマリー」だという指摘が。そう、友人が正しいのです!はい、これはローズマリーです。それなら2月ともなれば開花するのは自然です。ほんとにドジな私です。いつものことですが.......

_DSF2547.jpg


_DSF2562.jpg 

枯草の間にブルーの花を咲かせています。白い小さな花はユキヤナギの仲間だと思います。ユキヤナギが咲き出すのはごく自然です。でもラベンダーが????ラベンダーの季語を調べてみると、「夏」なんです!いっぽう、ローズマリーには俳句としての季語はありません。

_DSF2549.jpg


_DSF2564.jpg


_DSF2558.jpg



category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

温室は花盛り 

 


もうすぐ三月。最近南房総に行ったら、温室は花盛りでした!以前、温室を撮ったステキな写真を近代美術館で見たことがあります。それで、私も、あんな雰囲気がある温室が撮れたらいいなぁ、なんて思っていました。じっさい撮ったのは、その写真の足元にも及ばないものですが、花々を見て春ルルルといった気分になりました。

_DSC5605.jpg 


_DSC5646.jpg 




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 2

△top

白梅が咲いて 

 


白梅の 黄昏時の香をかげば 心悩まし春の初めも

与謝野晶子


_DSC5040.jpg


梅が見ごろですね。今年は去年より早く咲き出した気がします。この白梅は、近所の公園の梅。見に来てくれる人など誰もいない可哀想な梅です。でも私は毎年この白梅を撮っています(笑)いい香りがしますよ。夕暮れ時は妖艶な感じすらします。

_DSC5066.jpg


_DSC5131.jpg


_DSF1738.jpg




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

春の兆し 

 


冬来たりなば春遠からじ
If Winter comes, can Spring be far behind?
Shelley (上田敏訳)

DSCF7804.jpg

山茶花の花はいま盛り。もうすぐ散ってゆくでしょう。椿も咲いています。寒さにもかかわらず、季節はたしかに移り変わっています。水仙が咲き、梅の花も咲き出しました。

冒頭の有名なフレーズは、イギリスの詩人シェリーの「西風に寄せて:Ode to the West Wind」からの一節。上田敏の名訳で有名に。ヨーロッパでは西風が春の兆し。絵画でも西風の神ゼフィロスが春を告げる者としてよく描かれてきました。日本では、菅原道真が流された太宰府で詠んだ「東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅の花 主(あるじ)なしとて 春な忘れそ」の歌のせいでしょうか、なんとなく東風のほうが春めいている感じがしませんか?西風とか言われてもね~~ぜんぜん我が国ではピンときません。で、今日の風は?といえば、朝は北風がピュー、ピュー吹いていましたよ。まだまだ春は遠そう。春よ来い、はやく来い!!


DSCF7824.jpg 


_DSF1683.jpg










category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 6

△top

冬アザミの咲く路 

 



冬あざみ 岬の路の 風尖り
きけい


_DSC4345.jpg




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

コスモス日和 

 



八枚の花びらをもつ コスモスの いつも「きらい」で 終わる占い

俵万智

_DSF0873-001.jpg


_DSF0871-001.jpg 

遅ればせながらコスモスを撮りました。花は終わりかけですが、ちょこっと残っておりました。ラッキー!



category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

ダリアが咲いて 

 



最近、ダリアがきれいですね。ダリアの園芸種は実に多種多様。いろいろな色合いや形で今、咲き誇っています。そういえば、うちの母はわたしが小さい頃、ダリアをたくさん植えていました。今でいうガーデニングが趣味だった母。 当時は「ガーデニング」という言葉ではなく、「庭いじり」だったと思います。わたしはその点はぜんぜん似てなくて、花を見ればとりあえず撮るだけです(笑) その頃のダリアは、現在のように華やかな品種ではなかったような気がします。 

_DSF0940-002.jpg 


_DSF0935.jpg


_DSF0942.jpg




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 8

△top

小さな花野 

 



なにとなく 君に待たるる ここちして 出でし花野の 夕月夜かな
与謝野晶子

_DSF0163.jpg

近くの公園では今年も、赤と白の曼珠沙華が咲いています。別名ヒガンバナ、明日はお彼岸ですね。毎年感心するのは、お彼岸に合わせるかのように咲き誇ることです。このマイナーな公園、お手入れが悪く、雑草が茂りまくり。そのため、ちょっと秋の季語「花野」のような風情があります。もちろん、藪蚊も多くて、写真を撮っている間、刺されまくり。曼珠沙華、今年はソフトな感じに撮りました。

_DSF0114.jpg

_DSF0056.jpg







category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 8

△top

芙蓉の花 

 


白き芙蓉 あかき芙蓉と かさなりて 児のゆく空に秋の雨ふる
鉄幹

_DSF0004.jpg




category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

夕暮れのハス 

 



夕方になって不忍池に立ち寄りました。ハスの花は閉じているだろう、とあきらめていたのですが、意外や意外、夕方になってもまだ咲いていました。ハスといえば、本当は早朝に撮るものなんでしょうが.......それにしても不忍池のハスは壮観です。いっぱいいっぱい咲いているんですよ。また、このあたり、ポケモンGOをやっている人が大勢います。ハス池には海外の方が多く、ポケモンGOと同じぐらい、ハスの花は大人気。めずらしいのでしょうか、みなさん、ハスをスマホで夢中になって撮影していましたよ。

DSCF9613-1.jpg


 DSCF9588.jpg


category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: --

△top

アガパンサス in monochrome 

 




DSCF9358アガパンサス・モノクロ_edited-3 





category:

thread: 季節の花たち - janre: 写真

tb: --   cm: 8

△top