FC2ブログ

信州・鹿教湯の屋根付橋 



<屋根付橋>といえば、思い出すのは「マディソン郡の橋」ではないでしょうか? 私は原作の小説は読んだことはなく、たんにクリント・イーストウッド主演のヒットした映画を見たにすぎませんが....映画のおかげで、あの<屋根付橋>は世界一有名になったらしい?! 

そんな記憶もあって、この屋根付橋を長野県上田市鹿教湯で見たときはちょっとうれしかったです。日本にも屋根付橋があるんだと。私が知らないだけで、きっと他県にもいろいろな屋根付橋はあるのでしょう。鹿教湯には複数の屋根付橋があります。
まあ、「マディソン郡~」の橋とはかなり感じが違いますが........

_DSF3901ab.jpg


_DSF3923bc.jpg

行基の弟子、園行創建と伝えられる文殊堂境内


_DSF3968ab.jpg

_DSF3952a.jpg 



スポンサーサイト



アンモナイト



DSC_8301a.jpg

昔からアンモナイトが好きで、いくつか持っています。アンモナイトは絶滅しましたが、時折、アンモナイトが群れていた頃の海を想像します。中生代や白亜紀の頃、私たち人類の祖先はすでに地上にいたのでしょうか?どんな生き物だったのでしょう? コロナで外出の機会が減ると、どっちでもいいことをつい考えてしまうのです。



宮本むなし は元気



残暑お見舞い申し上げます。

今年はたいへんな猛暑。コロナに加えてみんな大変な思いをしています。くれぐれもご自愛ください!!

剣豪、宮本武蔵にあやかった(?)「宮本むなし」。 このチェーン店、関東では見かけないけど、コロナ禍でも元気に営業中。それですこし「むなしげ」に撮ってみました(笑) これって写真が下手っていうことと同義かも。

R0001803abc.jpg


この頃は ☟のようなビニルで覆われた夜になると戸外に店を出す呑み屋さんが増えている気がします。 男の居場所というか、ほとんど女性はいませんね

R0001814ab.jpg 


サイフォンで淹れたコーヒーはやっぱり美味しい!特にそのアイスコーヒー。親の代から通っている元町のエビアンです。


R0001516a.jpg 

梅雨の蝶



つまみたる夏蝶トランプの厚さ
高柳克弘

蝶・文月雨情・DSCF9457 梅雨の蝶1 

梅雨明けも近い今日この頃、よく揚羽などのすこし大きめの蝶を見かけます。春に多い紋白蝶などはほとんどいませんが。写真は近くの公園のアベリアの花にやって来たアゲハチョウ。 このアベリアの茂み、毎年揚羽が飛んでいることから、代々の揚羽たちが受け継いできた縄張りなのかもしれませんね。 

冒頭に揚げた俳句の作者、高柳克弘氏の本(厳密には共著)、
美しい日本語 荷風 I 季節をいとおしむ言葉 を最近読みました。この本は荷風に関する三巻の最初の巻です。

DSC_0194a.jpg


私はこれまで永井荷風を名前しか知らなくて、読んだことはなかったのですが、びっくりしたことに、荷風ってじつに美しい日本語を書いていたんだと!!宝石のような本です。で、最近はこのシリーズを読みながら、コロナの憂さをを払っています。



浅草の甘味処 西山のあんみつ


みつ豆はジャズのごとくに美しき
国弘賢治

みつ豆を詠んだとてもステキな俳句があります。私の大好きな句。今日、みつ豆じゃあないけど、この句を彷彿させるそれはそれは美味しくてステキなあんみつをいただきました。めっちゃ美味!

R0001702c.jpg


連れは下のかき氷。ここに使われている抹茶はお茶屋さんに特注したもので、香り高くこれぞ本物って感じ。白玉もあんこにもうっとり。

R0001701a.jpg

西山」☜クリックは幕末創業の老舗。レトロな店内の雰囲気にもほっとします。下はご主人。

R0001703a.jpg 

浅草寺の近くに用事があったので、久しぶりに浅草に出かけたのですが、びっくりするほど空いていました。コロナの影響なんでしょうね、人力車屋さんは手持ち無沙汰で、お客さんを待っていました。早くコロナが収束してほしいですね。

R0001705b.jpg





杉本博司 「瑠璃の浄土」展


先日、都道府県をまたいでの移動の自粛が解除されたので、ちょっと京都へ寄りました。岡崎の京都市京セラ美術館では、杉本博司氏の「瑠璃の浄土」展を開催中。最近はどこの美術館もそうらしいですが、事前予約制で、予約した時間に入場しました。

杉本氏といえば、水平線の作品が多いですよね。今回の展示にも水平線がすこしありました。なぜ水平線なのか?とずっと不思議に思っていましたが、現在日経で連載中の杉本氏の「私の履歴書」を読んで、それが氏のごく幼い頃の海の記憶までさかのぼると知り、驚きました。

展示の核となる瑠璃の浄土は撮影禁止ですが、周辺の一部の作品は撮影可でした。

「瑠璃の浄土」展 


R0001532a.jpg


sugimoto1a.jpg 

a.jpg 


きれいに紫陽花が咲いていました!
R0001487a.jpg



ホタルブクロが咲いて



今回もおうち写真というか、お手軽に撮ったものばかり。庭にホタルブクロ(釣鐘草)が咲きました。これは、元々すぐ近くの道の側溝のそばで咲いていたのを、勝手にいただいて移植したもの。道に居た頃は、白い花だったのですが、うちでは紫の花を咲かせます。土壌の酸性度が関係しているのかも。ドクダミは密林状態.......困ったなぁ.......

アレンジが下手で恥ずかしいですが.....

_R001257a.jpg 


_R001260a.jpg


_R001240a.jpg


_R001308a.jpg 








バラの五月


五月の花は何といってもバラですね。 今年は以前よく撮りにいったバラ園が閉園していたりで、ようやく最近、少し撮りました。いかんせん、もうすでに見頃は過ぎていましたが........

_DSF3747ab.jpg


_DSF3729a.jpg


_DSF3723a.jpg



_DSF3737abc.jpg

若葉のころ



若葉風ひとゆれで発つ小海線
土生重次

新緑の季節です。新型コロナウイルスも最近は感染者が各地、減ってきて嬉しいです。緊急事態宣言下で、わりと真面目に「ステイホーム」を守っております。なかなか他の地域に写真を撮りに行くことも叶わず、近所を散歩ついでに撮った写真です。

_R001121.jpg


R0001044aa.jpg



R0001050aa.jpg

この白い花は、よく生垣になっているベニカナメモチの花。ベニカナメモチは、その名の通り、若葉が赤く、新緑の頃は,燃えるようです。葉はそのうちだんだん緑に変わります。


_R001204aa.jpg
 
カタバミの仲間、オキザリス

春愁


ずい分長い間お休みしてしまいました。その間、ご訪問くださった皆様、厚く御礼申し上げます。手術も無事終わりましたが、世の中、コロナ自粛一色。皆さま、くれぐれも感染にお気をつけください。近所の写真ばかりですが、アップしたいと思います。

近所の高校。ずっと休校で構内は静まり返り、桜の花びらが散っていました。

R0000957-1.jpg


コブシの白い花
yirYW0qw-1.jpeg


いちばん最近の写真。ハナミズキが今、満開ですね。
水木R0001034花







乙女椿2020



_DSC3871ab.jpg


今年もきれいに乙女椿が咲きました。
毎年恒例の記念撮影です。

お隣の学校の枝垂れ桜も咲き始めました!

R0000025shidare.jpg


で、公園に咲いているこの黄色いの花は、山茱萸(さんしゅゆ)??
御存知の方、お教えください!

山茱萸R00008421


つは、すこし体調が悪いので(コロナではありません 笑)、しばらくお休みいたします。四月の後半には再開できる、と思います。皆さま、コロナが流行っていますので、くれぐれもご自愛くださいね。


最古の古道、山の辺の道で


久しぶりに奈良、山の辺の道をすこし歩いてきました。山の辺の道は「日本書記」にその名が残る日本最古の古道。道沿いには、今も「記紀・万葉集」ゆかりの地名や伝説が残り、古代日本へいざないます。 いまだに里山の風情が色濃く、こんなところがまだ存在していたの?!と驚く美しい風景が次から次へと展けます。山の辺の道を歩けば、<
大和(やまと)は国の真秀(まほ)ろば ~~~~大和しうるはし> は21世紀の今も真実です!


_DSF3595b.jpg


_DSF3527a.jpg
                
石上神宮の神鶏 
若冲の鶏を彷彿させる鶏多数が境内を散歩中


_DSF3608a.jpg 

菜の花の向こうに二上山が見えます! 謀反に問われ命を落とした可哀想な大津皇子が眠る山。山の辺の道から二上山のほか大和三山が望めます。やっぱり、百人一首で慣れ親しんだ天香久山なんかを直に見られるのは嬉しいものです!

_DSF3616a.jpg

道沿いには中世以来の環濠集落(かんごうしゅうらく)がいくつか残っています。外敵を防ぐため、周囲に用水路を兼ねた水壕をめぐらした集落。

_DSF3619a.jpg 


_DSF3649a.jpg

下は崇神天皇陵 それはそれは広大なご陵です! おとなりに景行天皇陵があります。崇神天皇は10代、景行天皇は12代とされています。なんせ両ご陵ともメッチャ広くて巨大!どちらも4世紀築造の前方後円墳です。

_DSF3671a.jpg

歩いたのは10キロ弱にすぎません。山の辺の道の南コースの一部です。北コースは学生時代歩きましたが、一念発起! 南北のコースを踏破したいと思っています。





帰り道



_DSF3188 神戸街灯と人

謹賀新年



遅くなりましたが新年おめでとうございます。
更新はいつも遅々たるものですが、本年もよろしくお願い申し上げます。

写真は年末に銀座で撮ったもの。じつはリコーのGR3をスナップ用に買いました。 とても小さなカメラです。「瞬きするようにシャッターを切る」というのがこのカメラの使い方だそうですが、まだ慣れていないのでうまくは撮れなくて、練習しているところです。

R0000201-1.jpg

で、銀座でびっくりしたことがありました。エルメスの例の騎士像、地上に降りてきているんですよ。あれって、屋上にありましたよね?!  プレバトでフルポン村上さんが素敵な句を詠んだあの騎士像です。屋上にあったほうがよかったような気もするけど....... 

エルメスの騎士像翳りゆきて驟雨 
村上健志
R0000120-2-3.jpg 


R0000159銀座11

初雪の水上温泉




_DSF3360minakami kawa(小)

先日、群馬県の水上のほうへ行きました。泊まったのは、水上温泉よりさらに奥の猿ヶ京温泉。宿の方曰く、「里の初雪だ!」とのこと。山のほうは、谷川岳などには既に雪が降っていましたが、里のほうは今年初めての雪の日だったとか。翌日は、水上温泉の温泉街を撮りに行きました。廃業のホテルや旅館がけっこうありました。写真的にはそういうふうなのもまた、いいのですが、実情は厳しいですね。とても素敵な湯の里なのです。何かよい活性化の方策はないのかしら?

)R0000066(小


水上_DSF3274onnnanoko aruku(shou)



_DSF3343(chiisai).jpg

今年、ブログを読んでくださいました皆様、ありがとうございました!更新がなかなかできなくて、お粗末なかぎりですが、来年もよろしくお願い申し上げます。皆様、よいお年をお迎えくださいませ!